利用方法

カーシェア02

カーシェアサービスの利用を考える人は、まず最初にサービスを行っている会社の会員にならなくてはいけません。
会員登録を済ませたら、車の置き場所まで行き、会員になるともらえるICカードを利用して、車のロックを外します。
実際に車に乗りたいときは、ネットからの予約が必須となりますが、予約当日は誰もいない車の保管所に出向き、ICカードを用いて自分一人で手続きを済ませ乗車することになります。
レンタカーを使う際には、借りるためにはレンタカーの店舗での手続きが必要ですが、カーシェアの場合はそうしたものは不要です。
ICカードにて車を開け、車のキーを使用してエンジンを始動させますが、この車のキーは乗り込んだ車の中に置かれていることが多いです。
鍵を取り出すときにも、ICカードや最初に登録したパスワードが要ります。
その後は、普段車を使っているときと同様に使うことができますので、カーシェアは何度か使って慣れると自分で所有している車のように使うことができます。
車の利用を終了するときは、カーシェアで車が置いてあった駐車場に戻すのですが、このときにもキーをダッシュボードに置いてロックするだけなので難しくありません。
車を返す際には、他の利用者のことを思い、ごみなどを持ち帰るようにしましょう。
支払いの仕方は会社によって違うこともありますが、翌月の支払いという場合が大半です。
カーシェアというシステムで、自分の生活の仕方に合わせた車の利用法を確立することが可能になるでしょう。